*

晴耕雨読 かめ壷仕込み 黒麹【感想】熟成されたうまさが光る

公開日: : 芋焼酎

Pocket

夏のうちに購入しておいた黒麹 かめ壷仕込み・貯蔵 晴耕雨読をあけてみた。
DSC_1432.jpg


佐多宗二商店の中でも、角玉とこのかめ壷仕込み以外に黒麹は作られていない。通常の晴耕雨読は白麹でスッキリと飲める。
このかめ壷仕込み晴耕雨読は、黒麹のどっしりとした味を楽しめる。また、しっかりと熟成されているので、味がマイルドになっている。濃厚な味で、ほどよく甘さがあっておいしい。
DSC_1434.jpg
この手の焼酎は、お湯割りに限る。甘い芋の香りが広がり、口の中には芋の旨味でいっぱいになる。ゆっくりとした休日の夜を過ごすのには、ベストな一本。秋までとっておいて正解だった。
晴耕雨読 黒麹 かめ壷仕込み・貯蔵 25度 1800ml
飲み方:
ストレート:★★★☆☆
  ロック:★★★★★
  水割り:★★★★☆
 お湯割り:★★★★★
晴耕雨読 かめ壷仕込み 黒麹(せいこううどく かめつぼしこみ)
蔵元:有限会社佐多宗二商店
URL:http://www.satasouji-shouten.co.jp/
住所:鹿児島県南九州市頴娃町別府4910
原材料:さつまいも(黄金千貫)・米麹(白麹)
蒸留方法:常圧蒸留
購入価格:\2880円(1800ml)
アルコール度数:25度
晴耕雨読 黒麹 かめ壷仕込み・貯蔵 25度 1800ml

この記事を書いた人

arkth
食品系ECサイトの運用をしているWEBマスター。CMSのテンプレート開発からSEO、サイト分析、集客など、一通りのことを、まるっとやっています。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

宝山 芋麹全量/西酒造 -酒評-

宝山シリーズの芋麹全量。 通常は、米麹を使用してつくられる芋焼酎だが、芋麹を使用している。芋麹の管

記事を読む

no image

きろく 無濾過/黒木本店 -酒評-

きろく 無濾過25度720ml    酒評: きろくの無濾過・無調整で作られた冬季限定焼

記事を読む

きばいやんせ/薩摩酒造 -酒評-

酒評:薩摩酒造と鹿児島大学の産学協同で開発された焼酎。地元の黄金千貫と鹿児島大学高隈演習林内の湧き水

記事を読む

別撰熟成 桜島/本坊酒造 -感想- 最高級最高品質の桜島

本坊酒造といえば、白麹の桜島と黒麹の桜島が有名だが、この別撰熟成桜島は、黒麹の桜島の原酒の中で、熟

記事を読む

くじら新焼酎【感想】2008年の新焼酎

今年もやってきました、この季節。 楽しみにしていた新焼酎の時期がやってきた。今日は、早速、くじら新焼

記事を読む

阿久根/鹿児島酒造 -酒評-

酒評:まずは、ラベルに書いてあるものを引用。従来の焼酎は主に白麹か黒麹で作られていますが、S型麹にす

記事を読む

鰐塚/すき酒造【酒評】ジョイホワイトを使用した宮崎限定の芋焼酎

この鰐塚は、飲み口はスッキリフルーティで、香りもよくおいしい。仕込みの芋にはジョイホワイトという

記事を読む

三岳/三岳酒造 -酒評-

酒評:スッキリとした飲み口で、クイクイいける。三岳酒造は屋久島にある。屋久島の焼酎は、どれもまろやか

記事を読む

天狗櫻/白石酒造 -酒評-

天狗櫻 900ml    酒評: きつすぎず、軽すぎず、ほどよいしっかりした香りが、ちょう

記事を読む

薩洲 赤兎馬 濱田酒造【感想】華やかな香りとすっきりとした甘み

赤兎馬は、濱田酒造の傅藏院蔵でつくられた焼酎です。 すっきりとした飲み口で、華やかな香りが印象的な

記事を読む

sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

【保存版】コンテンツマーケティングを行う前にチェックしたい記事16選

サイトへの集客を強化したいのだけど、広告費の予算にも限りがあるから

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読めばSEOの基礎が実践できるバイブル的な一冊

SEO(検索エンジン対策)の目的とは、そもそもなんでしょうか。

Web担当者がオススメするサイト運用に役立つツール28選

自社のウェブサイト管理を任されている方には、おすすめのツールをご紹

スマホサイトをプレビュー(表示確認)する際に便利なChromeのDeveloper Toolsのエミュレーター

ウェブページを制作するときに、ページがブラウザでどのように表示

viewportの設定はこれで大丈夫!iOSでもAndroidでもPCでも見やすくできるソースコード

スマホ用サイトを製作するにあたって検討しなければならない事項に画面

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑