*

薩洲 赤兎馬 濱田酒造【感想】華やかな香りとすっきりとした甘み

公開日: : 最終更新日:2014/04/09 芋焼酎

Pocket

赤兎馬は、濱田酒造の傅藏院蔵でつくられた焼酎です。
すっきりとした飲み口で、華やかな香りが印象的な芋焼酎だ。ストレートで飲むと少しピリリと辛めの味。
DSC_1416.jpg

口当たりは淡麗でありながら、喉を伝わる重厚な味わいは、南国の大地を猛然と駆け抜ける、まさに「薩州赤兎馬」と呼ぶにふさわしい逸品です。

三国志に登場し、一日千里を走ると詠われた名馬の名を冠した「赤兎馬」は、ラベルに書いてあるとおりである。
DSC_1379.jpg

本格焼酎「薩州赤兎馬」は、厳選された良質の黄金千貫と鹿児島特有のシラス台地で天然濾過された清冽な水から誕生しました。

ボディがしっかりしているので、水割りでもおいしい。

飲み方:
ストレート:★★★★☆
ロック:★★★★★
水割り:★★★★☆
お湯割り:★★★★★
薩洲 赤兎馬(せきとば)
蔵元:濱田酒造株式会社 傅藏院蔵
URL:http://www.hamadasyuzou.co.jp/

住所:鹿児島県いちき串木野市西薩町17-7
原材料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
蒸留方法:常圧蒸留
購入価格:\3150円(1800ml)
アルコール度数:25度

赤兎馬 (せきとば) 芋焼酎 25度 1800ml

この記事を書いた人

arkth
食品系ECサイトの運用をしているWEBマスター。CMSのテンプレート開発からSEO、サイト分析、集客など、一通りのことを、まるっとやっています。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

須木焼酎/すき酒造【酒評】超絶品!ほどよい甘みとコクがある芋焼酎

先日、同じ蔵の鰐塚を飲んでおいしかったので、同じ蔵のすき焼酎を購入してきた。 最初の開栓したと

記事を読む

2008年購入済みの新焼酎リスト(その1)

2008年の芋焼酎の新酒は、おいしいと思う。 これから12月上旬くらいまで、新焼酎の発売ラッシュ。

記事を読む

no image

紅小牧/小牧醸造 -酒評-

紅小牧 25°1800ml 酒評: 口に含むと軽やかな芋の甘さがスーッとさわやかに広がる。 とても

記事を読む

くじら新焼酎【感想】2008年の新焼酎

今年もやってきました、この季節。 楽しみにしていた新焼酎の時期がやってきた。今日は、早速、くじら新焼

記事を読む

鴨神楽/小牧醸造 -酒評-

合鴨農法で育成した米を使い、甕仕込みでじっくりていねいに・・・。とてもさわやかで芳醇な香りがたちこ

記事を読む

六代目百合/塩田酒造【酒評】まろやかながらもしっかりとした芋の味わいがする芋焼酎

まずはじめに、芋の香りがとてもきもちいい芋焼酎だ。割と軽めの飲み口だが、後から芋のしっかりとした濃厚

記事を読む

鰐塚/すき酒造【酒評】ジョイホワイトを使用した宮崎限定の芋焼酎

この鰐塚は、飲み口はスッキリフルーティで、香りもよくおいしい。仕込みの芋にはジョイホワイトという

記事を読む

天狗櫻/白石酒造 -酒評-

天狗櫻 900ml    酒評: きつすぎず、軽すぎず、ほどよいしっかりした香りが、ちょう

記事を読む

夢尽蔵 安納1.8l-かめ壺仕込み-/種子島酒造 -酒評-

酒評:日本で一番甘くおいしいと言われている案納芋を使用した焼酎。安納芋は種子島でのみ生産されている。

記事を読む

不二才?/佐多宗二商店 -酒評-

酒評:不二才?(ぶにせ・はい)の「?」とは無濾過という意味。度数が30度で、ストレートで飲むとガツン

記事を読む

sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

【保存版】コンテンツマーケティングを行う前にチェックしたい記事16選

サイトへの集客を強化したいのだけど、広告費の予算にも限りがあるから

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読めばSEOの基礎が実践できるバイブル的な一冊

SEO(検索エンジン対策)の目的とは、そもそもなんでしょうか。

Web担当者がオススメするサイト運用に役立つツール28選

自社のウェブサイト管理を任されている方には、おすすめのツールをご紹

スマホサイトをプレビュー(表示確認)する際に便利なChromeのDeveloper Toolsのエミュレーター

ウェブページを制作するときに、ページがブラウザでどのように表示

viewportの設定はこれで大丈夫!iOSでもAndroidでもPCでも見やすくできるソースコード

スマホ用サイトを製作するにあたって検討しなければならない事項に画面

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑