*

農家の嫁と農家の嫁紫芋 霧島町蒸留所【感想】農家の嫁の飲み比べ

公開日: : 芋焼酎

Pocket

DSC_1309.jpg
酒屋に行ったら、農家の嫁と農家の嫁の紫芋が両方あったので、いい機会なので両方買って飲み比べてみた。
農家の嫁はどちらも同じ作り方で黄金千貫を炭火でじっくり焼き芋にして黒麹で甕壷仕込みにした焼酎だ。


DSC_1315.jpg
香りは、紫芋のほうが華やか。黄金千貫のほうはスッキリとした香り。
味は、黄金千貫のほうはスッキリとした味だが香ばしい感じと甘味があっておいしい。紫芋のほうは、さらにフルーティな味が加わりとてもおいしい。
DSC_1312.jpg
両方ともぜひお湯割で。
フルーティを楽しみたいときは、紫芋バージョン。焼き芋の香ばしい味を楽しみたいときはノーマルの黄金千貫バージョンで。
【芋焼酎】農家の嫁&紫芋 720mlセット
飲み方:
ストレート:★★★★☆
  ロック:★★★★★
  水割り:★★★★☆
 お湯割り:★★★★★
農家の嫁(のうかのよめ)/農家の嫁紫芋(のうかのよめむらさきいも)
蔵元:株式会社霧島町蒸留所
URL:http://www.imoshochu.com/kirishima/
住所:鹿児島県霧島市霧島田口564-1
原材料:さつまいも(黄金千貫)・米麹
蒸留方法:常圧蒸留
購入価格:農家の嫁 1500円(720ml)/農家の嫁紫芋 1580円(720ml)
アルコール度数:25度
【芋焼酎】農家の嫁 紫芋 720ml
【芋焼酎】農家の嫁 720ml

この記事を書いた人

arkth
食品系ECサイトの運用をしているWEBマスター。CMSのテンプレート開発からSEO、サイト分析、集客など、一通りのことを、まるっとやっています。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

no image

紅小牧/小牧醸造 -酒評-

紅小牧 25°1800ml 酒評: 口に含むと軽やかな芋の甘さがスーッとさわやかに広がる。 とても

記事を読む

黒瀬安光の丁寧な仕事が味わえる逸品【酒評】倉津/鹿児島酒造

開栓すると、とたんに華やかな芋の香りが広がる。こんなに香りが広がるお酒は、はじめてだ。 芋の深い旨

記事を読む

阿久根/鹿児島酒造 -酒評-

酒評:まずは、ラベルに書いてあるものを引用。従来の焼酎は主に白麹か黒麹で作られていますが、S型麹にす

記事を読む

晴耕雨読 かめ壷仕込み 黒麹【感想】熟成されたうまさが光る

夏のうちに購入しておいた黒麹 かめ壷仕込み・貯蔵 晴耕雨読をあけてみた。 佐多宗二商店の中でも

記事を読む

伊佐や/大海酒造 -酒評-

酒評:くじらや海といった有名焼酎を送り出している蔵の限定焼酎。飲んだ印象は超スッキリサッパリな焼酎だ

記事を読む

no image

心水/松露酒造 -酒評-

  心水(もとみ) 1800ml   酒評: 心水は、無濾過なので、よく振ってか

記事を読む

八幡/高良酒造 -酒評-

酒評:飲み口は、さすが八幡。貫禄のうまさ。全てがうまい。しかし、のみやすいだけでなく、きちんと芋のう

記事を読む

三岳/三岳酒造 -酒評-

酒評:スッキリとした飲み口で、クイクイいける。三岳酒造は屋久島にある。屋久島の焼酎は、どれもまろやか

記事を読む

小鹿/小鹿酒造 -酒評-

小鹿 25度 1800ml 酒評:ピリっと辛口だけど、割とスッキリでさわやか。ほどよく甘く、ふわ~っ

記事を読む

神座 尾込商店 -酒評-

神 座 1800ml   酒評: ピリリとちょっと辛口でドッシリとした味の酒。 芋の独特の

記事を読む

sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

【保存版】コンテンツマーケティングを行う前にチェックしたい記事16選

サイトへの集客を強化したいのだけど、広告費の予算にも限りがあるから

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読めばSEOの基礎が実践できるバイブル的な一冊

SEO(検索エンジン対策)の目的とは、そもそもなんでしょうか。

Web担当者がオススメするサイト運用に役立つツール28選

自社のウェブサイト管理を任されている方には、おすすめのツールをご紹

スマホサイトをプレビュー(表示確認)する際に便利なChromeのDeveloper Toolsのエミュレーター

ウェブページを制作するときに、ページがブラウザでどのように表示

viewportの設定はこれで大丈夫!iOSでもAndroidでもPCでも見やすくできるソースコード

スマホ用サイトを製作するにあたって検討しなければならない事項に画面

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑