*

伊佐大泉/大山酒造 -酒評-

公開日: : 芋焼酎

Pocket

伊佐大泉1800ml

 

開栓:2008年1月10日

酒評:

キリっとしていて飲みやすい。

香りもスッキリとしていて、口当たりもよい。

芋の味もきちんとするし、甘みもある。

 お湯割りにすると、芋の軽やかな香りと味が口に広がり楽しめる。

とても上品な味で、スッと飲める。

焼酎初心者にもいけるのではないだろうか。

飲み方:

ストレート:★★★☆☆

  ロック:★★★★★

  水割り:★★★★☆

お湯割り:★★★★★

 

伊佐大泉(いさだいせん) 

蔵元:大山酒造合名会社

住所:鹿児島県伊佐郡菱刈町荒田3476

原材料:さつまいも(シロユタカ)・米麹(白麹)

蒸留方法:常圧蒸留

購入価格:1250円(720ml)

アルコール度数:25度

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

no image

前田利右衛門/指宿酒造 -酒評-

前田利右衛門1800ml   酒評: とても華やかな香りがスーッと広がる。 とてもまろや

記事を読む

大河ドラマにちなんでつくられた焼酎【酒評】渚の篤姫御殿/中俣合名

2008年NHK大河ドラマの「篤姫」にちなんでつくられた焼酎。 こういう流行にのってつくられたモノ

記事を読む

夢尽蔵 安納1.8l-かめ壺仕込み-/種子島酒造 -酒評-

酒評:日本で一番甘くおいしいと言われている案納芋を使用した焼酎。安納芋は種子島でのみ生産されている。

記事を読む

宝山 芋麹全量/西酒造 -酒評-

宝山シリーズの芋麹全量。 通常は、米麹を使用してつくられる芋焼酎だが、芋麹を使用している。芋麹の管

記事を読む

しま甘露/高崎酒造 -酒評-

種子島甘露を略して、「しま甘露」と名づけられた。 甘露とは、仏教の言葉で、諸天の神の飲料水

記事を読む

不二才?/佐多宗二商店 -酒評-

酒評:不二才?(ぶにせ・はい)の「?」とは無濾過という意味。度数が30度で、ストレートで飲むとガツン

記事を読む

鰐塚/すき酒造【酒評】ジョイホワイトを使用した宮崎限定の芋焼酎

この鰐塚は、飲み口はスッキリフルーティで、香りもよくおいしい。仕込みの芋にはジョイホワイトという

記事を読む

玉露/中村酒造場 -酒評-

中村酒造場といえば、もちろん「なかむら」が有名だが、こちらの玉露こそ、忘れてはいけない。「なかむら

記事を読む

八幡/高良酒造 -酒評-

酒評:飲み口は、さすが八幡。貫禄のうまさ。全てがうまい。しかし、のみやすいだけでなく、きちんと芋のう

記事を読む

DSC_0018

安くておいしい芋焼酎リスト

安くておいしい芋焼酎をリストアップ。 やっぱり、このあたりの酒は、お湯割りで飲むのが一番。

記事を読む

sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

SPONSORED LINK

Content Flow Chart Blackboard
【保存版】コンテンツマーケティングを行う前にチェックしたい記事16選

サイトへの集客を強化したいのだけど、広告費の予算にも限りがあるから

photo-2015-02-01-14-29-32
「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読めばSEOの基礎が実践できるバイブル的な一冊

SEO(検索エンジン対策)の目的とは、そもそもなんでしょうか。

Toolbox with tools. Skrewdriver, hammer, handsaw and wrench
Web担当者がオススメするサイト運用に役立つツール28選

自社のウェブサイト管理を任されている方には、おすすめのツールをご紹

Depositphotos_28048133_xs
スマホサイトをプレビュー(表示確認)する際に便利なChromeのDeveloper Toolsのエミュレーター

ウェブページを制作するときに、ページがブラウザでどのように表示

Mobility and cloud computing concept
viewportの設定はこれで大丈夫!iOSでもAndroidでもPCでも見やすくできるソースコード

スマホ用サイトを製作するにあたって検討しなければならない事項に画面

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑