*

宝山 芋麹全量/西酒造 -酒評-

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 芋焼酎

Pocket

宝山 芋麹全量
宝山シリーズの芋麹全量。
通常は、米麹を使用してつくられる芋焼酎だが、芋麹を使用している。芋麹の管理は米麹よりも難しく芋焼酎の中でも、芋麹を使用した焼酎は数が限られており、なかなかお目にかかることができないのが、全量芋麹。
宝山 芋麹全量
芋の力強い味と華やかな香りはバランスがよく、ストレートで飲むと香りと味を堪能することができる。芋のほどよい甘さと凝縮された芋の旨味が、心地いい。
宝山 芋麹全量
ロックだと飲むと芋の旨味を感じならスッキリと飲める。水割りでもいいが、氷をいれずに飲んだほうがいいかもしれない。
氷をたくさん入れて冷やしすぎると芋の旨味や香りがしなくなってしまうので、この焼酎ではもったいない。

やっぱりお湯割りがオススメ。
宝山 芋麹全量
飲み方:
ストレート:★★★★☆
ロック:★★★★☆
水割り:★★★☆☆
お湯割り:★★★★★
宝山 芋麹全量(ほうざん いもこうじぜんりょう)
蔵元:西酒造株式会社
住所: 鹿児島県日置市吹上町与倉4970-17
URL:http://www.nishi-shuzo.co.jp/
原材料:さつまいも(黄金千貫)・米麹(黒麹)
蒸留方法:常圧蒸留
購入価格:\3600円(1800ml)
アルコール度数:28度
宝山 芋麹全量

この記事を書いた人

arkth
食品系ECサイトの運用をしているWEBマスター。CMSのテンプレート開発からSEO、サイト分析、集客など、一通りのことを、まるっとやっています。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

薩洲 赤兎馬 濱田酒造【感想】華やかな香りとすっきりとした甘み

赤兎馬は、濱田酒造の傅藏院蔵でつくられた焼酎です。 すっきりとした飲み口で、華やかな香りが印象的な

記事を読む

天狗櫻/白石酒造 -酒評-

天狗櫻 900ml    酒評: きつすぎず、軽すぎず、ほどよいしっかりした香りが、ちょう

記事を読む

黄色い椿/八木酒造 -酒評-

飲んでみてビックリした。 うますぎる。華やかな芋の香りと芋のうまさが濃縮されたなんともいえない風味

記事を読む

軸屋/軸屋酒造 -酒評-

甕仕込み軸屋 25° 酒評: しっかりとした芋の香りとどっしりとした芋の味。 本当に白麹なのか?と疑

記事を読む

全量芋仕込み さつま小鶴 いもいも/小正酒造 -酒評- 

酒評:この時期限定の「さつま小鶴 いもいも」をゲット。普通は、1次仕込みで米麹を使い、2次仕込みで芋

記事を読む

黒こうじ 屋久の島【感想】屋久島特有のやわらかな焼酎

良質な鹿児島産さつま芋を黒麹で仕込み、その芳醇な原酒を屋久島の軟らかい水で割り水した本格芋焼酎が黒こ

記事を読む

安くておいしい芋焼酎リスト

安くておいしい芋焼酎をリストアップ。 やっぱり、このあたりの酒は、お湯割りで飲むのが一番。

記事を読む

別撰熟成 桜島/本坊酒造 -感想- 最高級最高品質の桜島

本坊酒造といえば、白麹の桜島と黒麹の桜島が有名だが、この別撰熟成桜島は、黒麹の桜島の原酒の中で、熟

記事を読む

須木焼酎/すき酒造【酒評】超絶品!ほどよい甘みとコクがある芋焼酎

先日、同じ蔵の鰐塚を飲んでおいしかったので、同じ蔵のすき焼酎を購入してきた。 最初の開栓したと

記事を読む

毎年の思いを込めて 海からの贈り物2007/大海酒造

今年もでました!海からの贈り物2007 今年から、25度に割り水したものが登場したようだ。 海から

記事を読む

sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

【保存版】コンテンツマーケティングを行う前にチェックしたい記事16選

サイトへの集客を強化したいのだけど、広告費の予算にも限りがあるから

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読めばSEOの基礎が実践できるバイブル的な一冊

SEO(検索エンジン対策)の目的とは、そもそもなんでしょうか。

Web担当者がオススメするサイト運用に役立つツール28選

自社のウェブサイト管理を任されている方には、おすすめのツールをご紹

スマホサイトをプレビュー(表示確認)する際に便利なChromeのDeveloper Toolsのエミュレーター

ウェブページを制作するときに、ページがブラウザでどのように表示

viewportの設定はこれで大丈夫!iOSでもAndroidでもPCでも見やすくできるソースコード

スマホ用サイトを製作するにあたって検討しなければならない事項に画面

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑