*

きばいやんせ/薩摩酒造 -酒評-

公開日: : 芋焼酎

Pocket

きばいやんせ

酒評:

薩摩酒造と鹿児島大学の産学協同で開発された焼酎。

地元の黄金千貫と鹿児島大学高隈演習林内の湧き水「高隈の名水」を使ってつくられた焼酎です。

まろやかな口当たりとしっかりとした芋の旨みが、しっかりしている。

ストレートで飲んでもすっきりとした飲み口で、スイスイ喉に入っていく。

きばいやんせは、薩摩弁で「頑張って」の意。

コレ飲んで、明日もきばいやんせ!

飲み方:

ストレート:★★★★☆

  ロック:★★★★☆

  水割り:★★★★☆

 お湯割り:★★★★★

 

きばいやんせ

蔵元:薩摩酒造株式会社

住所:鹿児島県枕崎市立神本町26

原材料:さつまいも(黄金千貫)・米麹

蒸留方法:常圧蒸留

購入価格:\955円(900ml)

アルコール度数:25度

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

三岳/三岳酒造 -酒評-

酒評:スッキリとした飲み口で、クイクイいける。三岳酒造は屋久島にある。屋久島の焼酎は、どれもまろやか

記事を読む

もぐら できたてほやほや/焼酎ネゴシアン・無双蔵 -酒評-

酒評:ギルド系で有名な土竜の新焼酎2007年秋バージョン。個人的にはギルド系の酒は、高いだけであまり

記事を読む

六代目百合/塩田酒造 -酒評-

六代目百合(ろくだいめゆり)1800ml    開栓:2008年1月9日 酒評:

記事を読む

no image

きろく 無濾過/黒木本店 -酒評-

きろく 無濾過25度720ml    酒評: きろくの無濾過・無調整で作られた冬季限定焼

記事を読む

不二才?/佐多宗二商店 -酒評-

酒評:不二才?(ぶにせ・はい)の「?」とは無濾過という意味。度数が30度で、ストレートで飲むとガツン

記事を読む

2008年購入済みの新焼酎リスト(その1)

2008年の芋焼酎の新酒は、おいしいと思う。 これから12月上旬くらいまで、新焼酎の発売ラッシュ。

記事を読む

空と風と大地と/京屋酒造 -酒評-

酒評:スッキリした飲み口だが、ふくよかな甘みが広がり、するすると飲める。芋焼酎の芋くささなどの雑味が

記事を読む

鰐塚/すき酒造【酒評】ジョイホワイトを使用した宮崎限定の芋焼酎

この鰐塚は、飲み口はスッキリフルーティで、香りもよくおいしい。仕込みの芋にはジョイホワイトという

記事を読む

小鹿/小鹿酒造 -酒評-

小鹿 25度 1800ml 酒評:ピリっと辛口だけど、割とスッキリでさわやか。ほどよく甘く、ふわ~っ

記事を読む

しま甘露/高崎酒造 -酒評-

種子島甘露を略して、「しま甘露」と名づけられた。 甘露とは、仏教の言葉で、諸天の神の飲料水

記事を読む

sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

SPONSORED LINK

Content Flow Chart Blackboard
【保存版】コンテンツマーケティングを行う前にチェックしたい記事16選

サイトへの集客を強化したいのだけど、広告費の予算にも限りがあるから

photo-2015-02-01-14-29-32
「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読めばSEOの基礎が実践できるバイブル的な一冊

SEO(検索エンジン対策)の目的とは、そもそもなんでしょうか。

Toolbox with tools. Skrewdriver, hammer, handsaw and wrench
Web担当者がオススメするサイト運用に役立つツール28選

自社のウェブサイト管理を任されている方には、おすすめのツールをご紹

Depositphotos_28048133_xs
スマホサイトをプレビュー(表示確認)する際に便利なChromeのDeveloper Toolsのエミュレーター

ウェブページを制作するときに、ページがブラウザでどのように表示

Mobility and cloud computing concept
viewportの設定はこれで大丈夫!iOSでもAndroidでもPCでも見やすくできるソースコード

スマホ用サイトを製作するにあたって検討しなければならない事項に画面

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑